for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、1日当たりのコロナ感染者7.6万人超 最多に迫る

米国で、1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が22日時点で7万6195人と、過去2番目の多さとなった。写真は緊急搬送される患者。ニューヨークで14日撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[シカゴ 23日 ロイター] - 米国では1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が22日時点で7万6195人と、過去2番目の多さとなった。国内の大半の地域で気温が低下する中、7月16日に記録した国内最多の7万7299人に迫っており、入院数や死亡者数も増加している。

世界的には、インドで9月17日に付けた9万7894人が1日当たり感染者の最多記録となる。

アザー厚生長官は、個人の行動が感染増加の要因になっているとの見方を示し、家庭における集まりが感染まん延の主要な経路だと述べた。

トランプ大統領は前日、11月の大統領選に向けた最後の候補者討論会で、コロナ禍が「峠を越えようとしている」という見解を示したが、アザー長官はこの発言について、CNNに治療薬やワクチンを待望する国民に希望を与えようとしたものだと説明した。

州別では、コロラド州、イリノイ州、インディアナ州、モンタナ州、ノースダコタ州、オハイオ州、オクラホマ州、ユタ州で1日の感染者数が最多を更新。単純な数字の比較ではテキサス州が6820人、カルフォルニア州が6365人と目立つ一方、人口当たりの感染者ではノースダコタ州が887人と最も多く、次いでサウスダコタ州、モンタナ州、ウィスコンシン州などが並んでいる。

国内の死亡者数は、22日時点で916人と増加傾向にある。前日は1200人超と8月以降で最多を記録。先週からは13%増加し、過去7日間では1日平均で785人となっている。

また、アイオワ州、ケンタッキー州、オクラホマ州など7州では入院患者数が過去最高を記録。中西部の新型コロナ入院患者は1万1369人と、7日連続で最高を更新した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up