for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米のコロナ入院者数、過去最多7.3万人 2週間で46%増

米国で入院している新型コロナウイルス感染者は17日に7万3140人と過去最多を記録した。ニューヨーク市で13日撮影(2020年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国で入院している新型コロナウイルス感染者は17日に7万3140人と過去最多を記録した。ロイターの集計によると、過去14日間で約46%増加している。

新型コロナ感染は全米で拡大。集計によると、11月に入り41州が感染者増加数で、20州が死者増加数で、26州が入院者増加数で過去最多を記録した。また、新型コロナ検査の陽性率が15日までの1週間で10%を超えたのは25州となった。世界保健機関(WHO)は5%以上の陽性率を懸念している。

中西部の感染拡大が引き続き深刻で、16日までの1週間で確認された感染者数は44万4677人と、北東部と西部の合計を36%超上回っている。

この中、米ニューヨーク市のデブラジオ市長は17日、新型コロナ感染者は増加しているが、市内の学校閉鎖は引き続き見送る方針を示した。同市の陽性率は7日平均で2.74%と今夏から2倍以上に上昇しているものの、学校閉鎖の基準としている3%を下回っているという。

デブラジオ市長は「学校を安全に保つ取り組みに皆が参加しており、あらゆる人がマスクを着用している。学校を閉鎖させないために引き続き最善を尽くす必要がある」と記者団に述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up