for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米情報機関、コロナ起源問題に関わる内部報告で調査中=関係者

[ワシントン 24日 ロイター] - 米情報機関は、中国の武漢市で初の新型コロナウイルス感染が報告される1カ月前の2019年11月、武漢ウイルス研究所の研究者3人の体調が非常に悪化し、病院で診療を受けていたとの内部報告について、詳しい調査を進めている。複数の米政府関係者が明らかにした。

この報告内容は、トランプ前政権下で極秘扱いの情報として示されたもの。米紙ウォールストリート・ジャーナルが23日に初めて伝えた。3人の研究者が入院したか、具体的にどんな症状だったのかは分かっていない。関係者は、研究所からウイルスが流出したとまだ証明されたわけではないとくぎを刺した。

サキ米大統領報道官は24日、「(ウイルスの)起源について結論を下すには情報が足りない。われわれにはデータと第三者の調査が必要で、まさにそれを要求しているところだ」と語った。

中国外務省の報道官は同日、3人の研究員が病気になったというのは「完全な偽り」だと強く否定した。

新型コロナウイルスの発生源を巡っては激しい論争が続いている。3月に中国の科学者と世界保健機関(WHO)主導の武漢視察チームが共同で公表した報告書では、ウイルスは恐らくコウモリから別の動物を介して人に感染したとみられ、研究所からの流出が起源になった公算は非常に小さいと記された。

米政府関係者の1人は、米国の情報機関は「どちらの説も否定していない」と述べ、武漢の研究者が19年11月にウイルスに感染した可能性があるとの報告は米国の研究者にとっても無視できない存在になっていると付け加えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up