for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、日本への「渡航中止」勧告 東京五輪に言及なし

米国務省は24日、 新型コロナウイルス感染が新たに広がっていることを受け、日本に対する渡航警戒レベルを「レベル4」に引き上げ、「渡航中止」を勧告した。写真はジョージア州で23日撮影(2021年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米国務省は24日、 新型コロナウイルス感染が新たに広がっていることを受け、日本に対する渡航警戒レベルを「レベル4」に引き上げ、「渡航中止」を勧告した。7月23日に開幕が迫っている東京五輪については言及はない。

米疾病対策センター(CDC) は新たなガイドラインで「日本の現在の状況を踏まえると、完全にワクチン接種を受けた人であっても新型コロナ変異株に感染し、感染を広げるリスクがある」とし、「日本への全ての渡航を控える必要がある」とした。

国務省はスリランカに対しても渡航警戒レベルを「レベル4」に引き上げた。

米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)はロイターへの声明で、日本に関する渡航情報の変更を承知しているとした上で「USOPCと日本の組織委員会による選手・スタッフ向けの現行の緩和措置や、渡航前と日本到着時、大会開催中の検査が、米代表チーム選手の今夏の安全な参加を可能にすると確信している」と表明した。

国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は先週、東京が緊急事態宣言下でも今夏の大会を開催する考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up