for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、米企業CEOらと会談 ワクチン義務付け巡り

バイデン米大統領は15日、国内企業に新型コロナウイルスワクチン接種の従業員への義務付けを求める中で、国内企業の最高経営責任者(CEO)らと会談した。ニューヨークで5月撮影(2021年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 15日 ロイター] - バイデン米大統領は15日、国内企業に新型コロナウイルスワクチン接種の従業員への義務付けを求める中で、国内企業の最高経営責任者(CEO)らと会談した。

会談にはウォルト・ディズニー、マイクロソフト、ウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスなどのCEOが参加した。

バイデン氏は先週、一部の例外を除き全ての連邦政府職員にワクチン接種を義務付けると発表。また、従業員100人以上の企業に対し、従業員のワクチン接種もしくは週1回のコロナ検査を義務化する規則を策定すると表明した。

バイデン氏はこの日の会談の冒頭で、新たな要件を導入するには時間がかかるとした上で、「これはウイルスに打ち勝ち、命を救うためのものだ」と強調した。

関係者は、この日の会談により同様の措置を策定・強化する動きが国内企業に広がることをホワイトハウスは期待していると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up