for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-UPDATE 1-バイデン政権、ワクチン5億回分の寄付表明へ=関係筋

(本文中の文言を修正しました)

[ワシントン 9日 ロイター] - バイデン米政権は、米ファイザーと独ビオンテック が共同開発した新型コロナウイルスワクチン5億回分を、向こう2年間で100カ国近くに寄付する計画。3人の関係筋が9日、ロイターに対し明らかにした。

関係筋によると、米国はワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」を通して、92カ国の低所得国とアフリカ連合(AU)に対し、年内に2億回分、来年上半期に3億回分を寄付する。

バイデン米大統領はこの計画を英コーンウォールで開催される主要7カ国(G7)首脳会談(サミット)に合わせて、10日に発表する予定という。

G7サミットに向けて出発する際にバイデン大統領は記者団に対して、世界的なワクチン戦略を発表する予定だと述べた。ただ、詳細は明らかにしなかった。

ニューヨーク・タイムズ紙が関係筋の話しとして報じたところによると、米国はファイザーから非営利ベースの価格でワクチンを購入する。発表の際にはファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)も同席するという。

米国はファイザーから既に3億回分のワクチンを購入しており、追加購入すれば、合計8億回分のワクチンを同社から購入することになるという。

ホワイトハウスとファイザーはコメントを控えるとした。

CNBCは9日、米国が他国にワクチンを寄付するため、モデルナとも購入に向けた協議を行っていると報じた。

モデルナの広報担当者は、中低所得国への寄付向けに米政府にワクチンを供給することには関心があると説明した上で、米政府との協議があるかについてはコメントしなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up