for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー、ワクチン5億回分を米政府に納入へ 低所得国に無償供与

 6月10日、米ファイザーと独ビオンテックは、両社が共同開発した新型コロナウイルスワクチン5億回分を米政府に納入すると発表した。米政府はこのワクチンを低所得国に無償で供与する。2020年10月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[ベルリン 10日 ロイター] - 米ファイザーと独ビオンテックは10日、両社が共同開発した新型コロナウイルスワクチン5億回分を米政府に納入すると発表した。米政府はこのワクチンを低所得国に無償で供与する。

2021年に2億回分、22年前半に3億回分納入し、米政府は92カ国の低所得国とアフリカ連合(AU)に提供する予定。

ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は「米政府とのパートナーシップが、世界中の貧困国に可能な限り迅速にワクチンを届けるのに役立つ」と述べた。

ロイターは9日、関係者の話として、バイデン米政権がファイザー/ビオンテック製ワクチン5億回分を2年かけて低所得国に寄付する計画と報じていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up