for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、公共交通機関でのマスク不着用の罰金引き上げ

 米運輸保安庁(TSA)は、公共交通機関などでのマスク着用義務の違反者に対する罰金を10日から引き上げる。今年1月に250ドルからとしていた初回違反者への罰金額は500─1000ドルと倍になる。写真はTSA職員、バージニア州のダレス国際空港で撮影(2021年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米運輸保安庁(TSA)は、公共交通機関などでのマスク着用義務の違反者に対する罰金を10日から引き上げる。今年1月に250ドルからとしていた初回違反者への罰金額は500─1000ドルと倍になる。違反を繰り返した場合は1000─3000ドルの罰金を科す。

TSAは8月、新型コロナウイルスの感染リスクを抑制するため、航空機や電車、バス、空港や鉄道の駅などでのマスク着用を義務付けるルールを来年1月18日まで継続すると発表した。

ホワイトハウスは新型コロナとの闘いが続く中、公共交通機関などでのマスク着用を徹底するため、バイデン大統領が罰金の引き上げを指示したと明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up