July 8, 2020 / 1:53 AM / a month ago

再送-世界的に旅行再開の動き、車利用・近場好まれる傾向=オラクル調査

(見出しの表現を修正しました)

[7日 ロイター] - 米ソフトウエアメーカーのオラクルの調査で、多くの国で新型コロナウイルスの感染拡大ペースに鈍化の兆候が見られない中、人々が移動や休暇旅行を始めていることが分かった。

調査では、北米と中南米で今後6カ月の間に旅行を予約する予定があるとの回答が全体の約51%、アジアと欧州では38%だった。

ただ、行き先は近場、移動は車が好まれ、海外旅行は避けられている。

オラクル・ホスピタリティーのゼネラルマネジャー、アレックス・アルト氏はロイターに、「1つほっとするのは、消費者が旅行したがっていることだ。出かけて探索し、経験したいという元気と意欲がある」と述べた。

また、「業界はおおむね、この傾向が夏いっぱい続くと見ていると思う。重要なのは、レジャーに加えてビジネス目的の出張が戻ることだ」と述べた。

調査によると、感染の不安に対応し、ホテルの90%が清掃や消毒の強化を実施または実施を予定。

70%が、チェックインや食事の注文、コンシェルジュなどのサービスに非接触技術を導入した、または導入を予定していた。

調査は4月半ばから5月初めに、米国、メキシコ、英国、ドイツ、シンガポール、オーストラリアで、消費者4600人とホテル幹部1800人を対象に実施した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below