for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、週間のコロナ新規感染25%急増 テキサスなど12州は最多記録

[23日 ロイター] - ロイターの分析によると、米国で21日終了週に新型コロナウイルスの新規感染者数が25%急増した。感染者は25州で前の週から増加、うち10州では50%超増したほか、テキサスやフロリダ、アリゾナなど12州での増加はこれまでの最多を記録した。

週間での増加は3週連続。増加率は前週の1%から大幅に加速した。

テキサス州で確認された感染者は2万4000人と、前週から84%急増。検査の陽性率も7%から10%に上昇した。

フロリダ州も前週比87%急増の約2万2000人。陽性率は11%と、前週からほぼ倍の水準に達した。

アリゾナ州では90%増の1万7000人。陽性率も20%となった。

これら3州の知事はいずれも、検査拡大のほか、若年層がソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)を順守してないことを感染者数増加の要因と説明。しかし、一部保健当局者は3州が適切な制限を設けることなく、時期尚早に経済再開に踏み切ったこと批判している。

一方、13州と首都ワシントンDC(コロンビア特別区)では感染者数が減少。とりわけ、感染が深刻だったニューヨーク州では10週連続で減少した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up