for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・モデルナ製ワクチン、若者の心臓疾患との関連性「高い」=CDC

[23日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)のワクチン安全性に関する作業部会は23日、若者に見られるまれな心臓疾患の症状が米ファイザーや米モデルナの開発した新型コロナウイルスワクチンと関連している可能性が高いという見解を示した。

思春期および若年成人へのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン接種後、心筋炎または心膜炎を発症するリスクは、2回目の接種以降および男性において顕著に高いと指摘。ただし発症後は一般的に症状が回復し、良好な経過をたどると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up