for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米各州、12歳以上にファイザー製ワクチン接種へ FDA承認受け

[12日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)がファイザー/ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチンの接種対象年齢を12─15歳に拡大したことを受け、米各州で12歳以上へのワクチン接種が拡がる見通しだ。

ジョージア州、デラウェア州、アーカンソー州など一部の州は11日、12歳以上へのワクチン接種を開始した。

米疾病対策センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)メンバーであるヘンリー・バーンスタイン博士は、12─15歳をワクチン感染から保護することにより「家庭内の感染が減少し、集団免疫につながり、子どもたちをより安全に夏季キャンプや対面授業に送り出すことができる」と述べた。

CDCのワレンスキー所長は11日、「今秋には全面的な対面授業にすべき」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up