for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国税関、新型コロナワクチン輸出検査を優先すべき=交通運輸省

中国交通運輸省は26日、国内の税関当局は新型コロナウイルスワクチンの輸出手続きを優先し、通関手続きを効率的にすべきだと表明した。写真は貿易見本市での中国製ワクチンの展示。昨年9月5日、北京で撮影。(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 26日 ロイター] - 中国交通運輸省は26日、国内の税関当局は新型コロナウイルスワクチンの輸出手続きを優先し、通関手続きを効率的にすべきだと表明した。

シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)のワクチンがインドネシア、トルコ、ブラジルに輸出されているほか、エジプトやアラブ首長国連邦(UAE)といった国々が中国医薬集団(シノファーム)からワクチンを調達している。

交通運輸省はワクチン物流に関するガイドラインの中で、税関当局はワクチン輸出を手掛ける輸送業者に対する検査手続きを優先すべきだと指摘。中国国内の地方運輸当局もワクチン輸出を優先するためのグリーンチャンネルを設けるべきだとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up