for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米J&Jのコロナワクチン、欧州で4月に利用可能も=関係筋

欧州連合(EU)の高官は13日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発する新型コロナウイルスワクチンが当局の承認を経て、4月に初回の出荷が開始される見通しと明らかにした。ニューヨークで2019年5月撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[ブリュッセル 13日 ロイター] - 欧州連合(EU)の高官は13日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発する新型コロナウイルスワクチンが当局の承認を経て、4月に初回の出荷が開始される見通しと明らかにした。

欧州議会のペーター・リーゼ議員によると、欧州委員会のキリアキデス委員(保健衛生・食品安全担当)はこの日の会合で、J&Jが2月にも欧州医薬品庁(EMA)に承認申請を行う公算が大きいと述べていた。

リーゼ議員は「全てが順調に進めば、数週間後には4番目のコロナワクチンが利用可能になる」と述べた。

キリアキデス委員の広報担当者は、承認申請について「正確に言うことはできないが、今後数週間以内に行われることを期待している」と述べた。

J&JとEMAは現時点でコメント要請に応じていない。

J&Jのワクチンは、昨年12月から試験データを順次審査するローリングレビュー(逐次審査)が行われている。J&Jはこれまでに、暫定データが1月中に得られる見込みで、安全性と有効性が認められれば、2月に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用の認可を申請する意向を示している。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up