for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ワクチン4回目接種、オミクロン株の予防不十分=イスラエル研究

新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種により3回目の接種と比べて抗体量が一段と増加するが、オミクロン変異株を防ぐ効果は十分ではない可能性があることが、イスラエルの予備研究で分かった。5日撮影(2022年 ロイター/Ammar Awad)

[エルサレム 17日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種により3回目の接種と比べて抗体量が一段と増加するが、オミクロン変異株を防ぐ効果は十分ではない可能性があることが、イスラエルの予備研究で分かった。

イスラエルの医療機関シーバ・メディカル・センターが職員を対象とした2回目の追加接種(ブースター接種)に関する試験で、ファイザー製ワクチンを接種した154人の2週間後とモデルナ製ワクチンを接種した120人の1週間後の効果を測定。2回目の追加接種を受けなかった対象者と比較した。モデルナ製ワクチンを接種した対象者はファイザー製ワクチンを3回接種していたという。

同センターによると、このような結果は世界初だが、予備的なもので正式な公表はまだという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up