for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザーとモデルナ、EUでワクチンの承認申請 年内配布も

12月1日、米製薬大手ファイザーと米モデルナはそれぞれが開発する新型コロナウイルスワクチンの条件付き緊急使用許可を欧州連合(EU)当局に申請した。写真は5月25日、開発中の新型ウイルスワクチン(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[ブリュッセル 1日 ロイター] - 米製薬大手ファイザーと米モデルナは1日、それぞれが開発する新型コロナウイルスワクチンの条件付き緊急使用許可を欧州連合(EU)当局に申請した。

このうち、ファイザーは、年内にもEUでワクチンの配布が可能という見方を示した。ワクチンを共同開発する独ビオンテックの担当責任者は「ワクチンの在庫を積み上げており、(承認が下りれば)数時間内にワクチンを配布できる」と述べた。

審査を行う欧州医薬品庁(EMA)は1日、ファイザー・ビオンテックのワクチンが今月29日までに、モデルナのワクチンは1月12日までに審査が完了する見通しと表明。欧州委員会は、EMAの審査結果を受け、数日中に最終的な判断を下すとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up