for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊、国内工場のアストラ製ワクチン2900万回分を確保 検査で在庫確認

 3月24日、英製薬大手アストラゼネカは、イタリア工場に保管していた新型コロナウイルスワクチン約2900万回分が欧州のほか、国際的枠組み「COVAX」を通じて貧困国に出荷されると述べた。写真は同ワクチン。ドイツのマインタルで撮影(2021年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

(見出しでアストラゼネカ製ワクチンであることを明確にしました)

[ミラノ/ブリュッセル 24日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカは24日、イタリア工場に保管していた新型コロナウイルスワクチン約2900万回分が欧州のほか、国際的枠組み「COVAX」を通じて貧困国に出荷されると述べた。

イタリア紙ラ・スタンパによると、欧州委員会の要請でイタリア治安部隊が先週末、ローマ近郊のアナーニにあるキャタレントの工場を検査したところ、保管中のワクチンが確認されたという。

ドラギ首相は、検査によって「余剰ワクチン」が確認されたとし、一部を確保したほか200万回分がベルギーに送られたと明らかにした。

アストラゼネカは6月末までのEU供給目標を想定の3億回分から1億回分に削減。今回確認されたワクチンは1450万人分に当たる。

アストラゼネカはその後、キャタレントの工場で生産されたワクチンの大半がEU向けで、残りはCOVAXによる貧困国向けだと発表。1600万回分は4月にかけて欧州に出荷されると述べた。

キャタレント幹部はロイターに、アナーニ工場に2900万回分を保管していたことは通常の手続きで、それ以上の在庫を置くこともあると説明した。

また、欧州連合(EU)によると、アストラゼネカはオランダのワクチン工場の認可を欧州医薬品庁(EMA)に申請。迅速に承認されれば月内にも欧州向けに出荷を開始できるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up