for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米J&Jのコロナワクチン、有効性66% 来週にも緊急使用申請へ

[29日 ロイター] - 米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は29日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、有効性が66%だったと発表した。来週にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用を申請するほか、その他の国や欧州連合(EU)でも近く申請する。

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は29日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、有効性が66%だったと発表した。来週にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用を申請するという(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

世界的に行われた大規模臨床試験(治験)には約4万4000人が参加。中程度から重度の新型コロナに対する有効性は米国で72%、中南米で66%、南アフリカでは57%だった。変異種の感染拡大により、有効性に違いが生じた可能性がある。ただ感染症と公衆衛生の専門家は、感染拡大を抑制し死亡率を低下させる効果は十分にあるとの見方を示している。

米ファイザー・独ビオンテック製や米モデルナ製の承認済みワクチンの有効性は2回の接種で約95%と高水準だが、治験は主に米国で実施され、変異種が検出される前の結果だった。

J&J製ワクチンは中程度から重度の新型コロナの予防を主な目標としている。接種から28日後に変異種の感染に伴う重症化および入院に対する有効性は全地域で85%だった。J&Jのポール・ストフェルス最高科学責任者(CSO)はこの結果について「多くのコロナ患者の重症化と死亡を防げる」と述べた。

J&Jは2021年に10億回分の供給を目指し、米国、欧州、南アフリカ、インドで生産すると表明。緊急使用が承認され次第、直ちに出荷する用意を整えているとした。ただストフェルス氏は具体的な量について明らかにしなかった。

南アの変異種について、一部の研究ではワクチンが標的とする部分で変異したためワクチンの有効性が低下するとの結果も出ており、米ノババックスは前日、同社が開発するワクチンでは南ア変異種に対する有効性が低かったとした。

J&Jのストフェルス氏はロイターに対し「ワクチンの有効性は世界各地で異なることが明らかになってきた」と指摘。南アで6000人を対象に実施した関連の治験では、89%の確率で重症化が防げたという。この治験で扱った感染件数のうち、95%が南ア変異種によるものだった。

午後の米株式市場でJ&J株は約5%安。市場関係者はワクチンの有効性が他社より見劣りしたため売られているとしている。ただピッツバーグ大学のワリド・ゲラド准教授(公衆衛生政策専門)は「重要なのは重症化、入院、死亡を防げるかで、全般的な有効性ではない」としている。

J&Jは8カ国で治験を実施。参加者の44%は米国、41%は中南米、15%が南アだった。年齢別では3割強が60歳以上だった。

2回の接種が必要なファイザー製やモデルナ製とは異なり、J&Jのワクチンは1回の接種で済み、冷凍保存の必要もないため、輸送や冷凍保存が問題となる一部地域にとっては有力なワクチンとなる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up