for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米モデルナのコロナワクチン、有効率94.5% 近く緊急使用申請

[16日 ロイター] - バイオ医薬大手の米モデルナは16日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの後期臨床試験(治験)で94.5%の効果が確認されたとする暫定結果を発表した。

米製薬大手ファイザーも先週、開発中のワクチンの有効率が90%を超えたと発表しており、 安全性が確認され規制当局の承認が得られれば、米国では12月中にも2種類のワクチンの緊急使用が始まる可能性が出てきた。

モデルナが開発するワクチンは、ファイザーが独ビオンテックと共同で開発するワクチンと同様、メッセンジャーRNA(mRNA)技術に基づくもの。遺伝子を人工的に合成するため、短期間で大量のワクチンを製造できる利点がある。

モデルナは3万人の治験参加者の半数にワクチン、半数にプラセボ(偽薬)を接種。接種は28日間空けて2回行われた。その結果、全体で95人が新型ウイルス感染症を発症したが、ワクチンの接種を受けた治験参加者の中で発症したのは5人にとどまった。また、発症した95人のうち11人が重症になったが、この11人全員がプラセボの投与を受けていた。

モデルナは来週あたりにも米当局に承認を申請する十分な安全性を巡るデータがそろうとしており、向こう数週間で緊急使用許可(EUA)を申請できる可能性があるとしている。

新型ウイルス感染症ワクチンを巡っては輸送方法が懸念されているが、モデルナのワクチンは通常の冷蔵庫の庫内の温度である2─8度で30日間の保存が可能。マイナス20度では最大6カ月の保存が可能になる。ファイザーのワクチンはマイナス70度と、超低温での保存が必要。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up