for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU当局、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種を推奨

欧州医薬品庁(EMA)は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するよう改良された2種類のワクチンのブースター接種を推奨した。2020年12月、ポルトガルで撮影(2022年 ロイター/Pedro Nunes)

[12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は 12日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するよう改良された2種類のワクチンのブースター(追加)接種を推奨した。

EMAが推奨したのは、米モデルナ製および米ファイザー・独ビオンテックが製造する、変異株派生型と従来型のウイルスの双方に対応する「2価」ワクチン。少なくとも初回接種を済ませている12歳以上が対象となる。

EMAの推奨を受け欧州委員会が近く承認する見通し。ファイザーは、承認されればEU加盟27カ国で数日以内に利用が可能になるとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up