for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EUが調査開始のmRNAワクチン副反応、米FDAは「未確認」

 米食品医薬品局(FDA)は8月12日、ファイザー/ビオンテック製およびモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンが新たな副反応を引き起こしていることを示す証拠は現時点で確認していないと表明した。3月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は12日、ファイザー/ビオンテック製およびモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンが新たな副反応を引き起こしていることを示す証拠は現時点で確認していないと表明した。

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は11日、両社のいずれかのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン接種後に少数の人が発症した多形性紅斑、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群が接種したワクチンと関連しているかどうか、調査を行っていると明らかにした。

FDAの報道官は「EMAの報告は承知している。指摘のあった有害事象について、FDAは現時点で安全性に関する兆候を確認していない」と述べた。

その上で「FDAは許可された新型コロナワクチンの安全性をパッシブ(受動的)およびアクティブ(積極的)サーベイランスのシステムを通じて監視している」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up