for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベトナムのビンズオン省、新型コロナ感染5万人予測 兵士派遣へ

ベトナム政府は26日、製造業が盛んなビンズオン省に軍隊を派遣すると発表した。同省では今後2週間で5万人が新型コロナウイルスに感染すると予想されている。写真は8月24日、ホーチミンで撮影(2021年 ロイター)

[ハノイ 26日 ロイター] - ベトナム政府は26日、製造業が盛んなビンズオン省に軍隊を派遣すると発表した。同省では今後2週間で5万人が新型コロナウイルスに感染すると予想されている。

同省は、新型コロナの震源地となっているホーチミン市に隣接。保健省によると、これまでに8万1000人の感染者が出ているが、3分の1は過去1週間に確認された。

同省には、韓国のクムホ・タイヤや食品用容器で世界最大手のテトラパックなど大手企業の生産施設があるほか、サムスン電子やペガトロンのサプライヤーが集積。ホーチミンとハノイに次ぐ外国投資の受け入れ先となっている。

同省政府は、感染者が15万人を超える最悪の事態を想定し、コンティンジェンシー・プラン(不測の事態を想定した緊急対応策)を準備している。

同省に派遣される兵士は2000人。50の移動式医療ステーションと救急車15台も配備する。

政府は、厳格な移動規制を施行するため、ホーチミンに兵士を配置。食料の買い出しも禁じられている。救急医療が必要な一般市民は、外出が許可されるが、市内の大半の地域では兵士が食料を配布している。

昨年の大半の期間は、感染拡大に歯止めが掛かっていたが、足元では感染力の強いデルタ株が流行。4月下旬以降の累計の感染者は38万1000人で、感染者の大半はホーチミン市と周辺の省で報告されている。

ワクチン接種を完了した人は人口の2%強にとどまっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up