for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベトナム、水際対策や行動制限強化 民間のワクチン調達促す

 5月31日、新型コロナウイルスの感染者がここ1カ月で倍増しているベトナムは、国際便の乗り入れ停止を拡大し、最大都市で行動制限を強化するとともに、民間のワクチン調達を促した。写真は医療スタッフ向けのワクチン接種に並ぶ病院関係者ら。ハイズオン省で3月8日撮影(2021年 ロイター/Thanh Hue)

[ハノイ 31日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染者がここ1カ月で倍増しているベトナムは31日、国際便の乗り入れ停止を拡大し、最大都市で行動制限を強化するとともに、民間のワクチン調達を促した。

ベトナムはワクチンの集団接種をまだ開始していないが、政府はこの日、地方当局や企業が保健省や27の公認輸入業者を通じて自らワクチンを調達できるようにするなど、ワクチン入手の障害を取り除く必要があると述べた。

政府はまた、ハノイへの国際便の乗り入れを6月7日まで停止すると発表した。経済の中心地であるホーチミン市も同様の措置を講じている。ホーチミン市は31日、レストランでの飲食禁止や10人以上の集会禁止、カジノや美容院の閉鎖などを含む15日間の行動制限を開始した。

ベトナムは昨年の大半において感染抑制に成功していたが、このところ感染が急増し、感染力の強い複数の変異株が検出されている。29日には、インド型と英国型が組み合わさった新たな変異株を発見したと明らかにした。

累計の感染者は7321人、死者は47人となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up