July 15, 2020 / 1:04 AM / 22 days ago

英ヴァージン航空、株主・債権者と15億ドル相当の救済策で合意

7月14日、英ヴァージン・アトランティック航空は、新型コロナウイルス危機後の将来を見据え、株主・債権者との間で12億ポンド(15億ドル)相当の救済策で合意したと発表した。写真は5日、ロンドンのヒースロー空港に駐機中のバージン・アトランティック機(2020年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英ヴァージン・アトランティック航空は14日、新型コロナウイルス危機後の将来を見据え、株主・債権者との間で12億ポンド(15億ドル)相当の救済策で合意したと発表した。

これで創業者のリチャード・ブランソン氏が従来求めていた政府支援の必要性はなくなる。救済策は今年夏の終わりにかけて完了し、向こう18カ月にわたって適用される見込み。

ヴァージン・アトランティックはブランソン氏のヴァージン・グループが51%を保有し、米デルタ航空(DAL.N)が49%出資する。新型コロナウイルス流行を受け、ガトウィック拠点の閉鎖と3500人超の雇用削減を余儀なくされた。

ワイス最高経営責任者(CEO)は発表文で「株主、債権者、新たな民間投資家の支援に深く感謝する。これらにより、われわれはヴァージン・アトランティックが健全なバランスシートを持ち、持続的に利益を上げられる航空会社として復活できることを確実にしたい」と表明。2022年以降の黒字化を目標にしていると付け加えた。

12億ポンドの内訳は、ヴァージン・グループの出資が2億ポンド、株主による繰り延べや権利放棄を通じた追加支援が4億ポンド、新たなパートナーである投資会社デビッドソン・ケンプナーによる担保付き資金が1億7000万ポンド、債権者による繰り延べを通じた支援が4億5000万ポンド超となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below