for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪航空ヴァージン買収、ベインとサイラスが最終候補に

 6月2日、4月に経営破綻した豪航空会社ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスの売却先について、管財人のデロイトは、ベインキャピタルとサイラス・キャピタル・パートナーズを最終候補に選定したと発表した。写真はシドニーで2018年8月撮影(2020年 ロイター/David Gray)

[シドニー 2日 ロイター] - 4月に経営破綻した豪航空会社ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスの売却先について、管財人のデロイトは2日、ベインキャピタルとサイラス・キャピタル・パートナーズを最終候補に選定したと発表した。

ヴァージン・オーストラリアに対しては、ベインとサイラスを含む5社が5月29日に買収案を提出していた。

最終候補の2社は今後、利害関係者や航空機リース会社などと交渉する。

デロイトは、6月30日までに買収の最終合意を目指すとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up