for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO、ファイザー製ワクチン年内に許可 1月末にも接種開始

世界保健機関(WHO)は21日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンについて、年内に緊急使用許可を承認するとの見通しを示した。イスラエル・ラマトガンで19日撮影(2020年 ロイター/AMIR COHEN)

[ジュネーブ/チューリヒ 21日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は21日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンについて、年内に緊急使用許可を承認するとの見通しを示した。

WHOの主任科学者ソミヤ・スワミナサン氏は、 新型ウイルスワクチン共同購入・配分の国際枠組み「COVAX」の下で、来年1月下旬か2月初旬に一部の国で接種が開始されると述べた。

欧州医薬品庁(EMA)はこの日、ファイザー製ワクチンを承認した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up