for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界コロナ死者、実際は公式データ3倍の1500万人か WHO推計

世界保健機関(WHO)は5日、新型コロナウイルス感染症に関連する世界の死者が2020年1月─21年12月末までに1490万人と、公式データ(540万人)のほぼ3倍に達している可能性があるという最新の推計を発表した。2021年4月撮影(2022年 ロイター/Danish Siddiqui)

[5日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は5日、新型コロナウイルス感染症に関連する世界の死者が2020年1月─21年12月末までに1490万人と、公式データ(540万人)のほぼ3倍に達している可能性があるという最新の推計を発表した。

WHOの推計には新型コロナ感染症による死亡に加え、治療を受けることができず亡くなった人など、間接的な理由も含まれる。

また、死者数が正確に報告されていない可能性も背景にある。WHOによると、インドではパンデミック(世界的大流行)中に470万人が死亡したとみられ、政府発表の約48万人を大幅に上回る。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up