for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO、コロナワクチンの承認条件巡り中国と情報共有

9月7日、世界保健機関(WHO)のマリアンジェラ・シモン事務局長補は、新型コロナウイルスワクチンの国際的な承認条件を巡って、中国側と情報共有を行っていると表明した。写真は2015年1月、ジュネーブのWHO 本部で(2020年 ロイター/Pierre Albouy)

[ジュネーブ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のマリアンジェラ・シモン事務局長補は7日、新型コロナウイルスワクチンの国際的な承認条件を巡って、中国側と情報共有を行っていると表明した。

シモン氏は「中国の規制当局と直接連絡を取っており、ワクチンの国際的な承認条件に関する情報を共有している」と述べた。

中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)SVA.Oの尹衛東最高経営責任者(CEO)は6日、政府によるコロナワクチン緊急使用計画に基づき、同社が開発したワクチンを従業員とその家族の約90%が接種したと明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up