for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、コロナ調査団巡るWHOの懸念を一蹴

[北京 6日 ロイター] - 中国外務省は6日、新型コロナウイルス発生源を巡る国際調査団の受け入れを同国が許可していないことに「深く失望」しているとのテドロス世界保健機関(WHO)事務局長の発言について、現在調整を進めており、懸念する必要はないとの認識を示した。

外務省報道官は定例会見で、問題は国際調査団の「ビザ(査証)だけではない」と発言。調査の日程で合意が成立していたとの報道については「誤解」があったとし、日程などの取り決めについて協議を続けており、「緊密な対話を維持している」とコメントした。

報道官は「この問題を深読みする必要はない」と発言。中国の専門家は国内の感染再拡大への対応で忙しく、多くの地域が感染拡大に歯止めをかけるため「戦時体制」に入っているとも指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up