March 13, 2020 / 8:08 PM / a month ago

コロナ大流行「欧州が中心地」、死者5千人超は「悲惨」=WHO

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日、「今や欧州が新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の中心地だ」と述べた。写真は12日、伊カスティリオーネ・デッラ・ペスカーイアで撮影(2020年 ロイター/Jennifer Lorenzini)

[ジュネーブ 13日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日、イタリアやスペイン、ドイツ、フランスなどでの新型コロナウイルスの感染者急増を念頭に、「今や欧州が新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の中心地だ」という認識を示した。

新型コロナによる死者が世界中で5000人を超えたことについては「悲惨な節目だ」とした。

テドロス事務局長は「欧州では中国以外の世界の感染・死者数を合わせた数字を上回り、パンデミックの中心地となった」と述べた。

テドロス氏によると、感染はこれまでに123カ国に広がり、患者数は13万2000人を超えている。

緊急事態プログラム責任者のマイク・ライアン氏は、感染ペースを鈍化させる上で、社会距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)は試されてきた方法としつつも、感染を阻止する「特効薬ではない」と強調した。

また、各国は自国民を守るために個別の対策法を決定する必要があるとしつつも、「包括的な渡航制限措置が個別の国を守ることはないと常に述べてきている」とし、包括的な新型コロナ対策には感染の特定や患者の隔離、幅広い検査の実施などが含まれるべきと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below