for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO改革、「政治的独立」保つ必要=独立委

世界保健機関(WHO)改革について、有識者で構成する独立監視委員会は5日、感染症拡大の初期段階で加盟国に警告を発する多層的な仕組みのほか、「予測可能で柔軟な」資金調達の導入などを提言した。ジュネーブで5月撮影(2020年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[ジュネーブ 5日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)改革について、有識者で構成する独立監視委員会は5日、感染症拡大の初期段階で加盟国に警告を発する多層的な仕組みのほか、「予測可能で柔軟な」資金調達の導入などを提言した。

独立委は、WHOの「中立性と政治的な独立性」の保全が重要と指摘。ただ、中国や米国など特定の国は名指ししなかった。

WHOは現在、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」の宣言に当たり、1段階のみの手続きを採用。ただ、事態の深刻度に応じて対応するために多層的な手続きが必要との見方が出ていた。

独立委は、公衆衛生を巡る危機の初期段階で多くの国・地域に警告できるよう、明確な基準を備えた多層的なシステムの導入を提言。このほか、WHOの緊急プログラムへの資金拠出で加盟国間に大きな隔たりがあると指摘。これにより資源の割り振りを巡る問題が常に存在しているとの認識を示した。

独立委は来週9日にオンライン形式で再開する年次閣僚会合に報告書を提出する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up