for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO事務局長、世界のコロナ感染急増に危機感 「過去最悪に接近」

WHOのテドロス事務局長は16日、世界の新型コロナウイルス感染について、直近1週間の新規感染者数が過去2カ月間でほぼ倍増し、パンデミックの期間で最高に近づいていると述べ、危機感を示した。写真は4月6日、ジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 16日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は16日、世界の新型コロナウイルス感染について、直近1週間の新規感染者数が過去2カ月間でほぼ倍増し、パンデミック(世界的大流行)の期間で最高に近づいていると述べ、危機感を示した。

テドロス氏はパプアニューギニアと西太平洋地域に焦点を当てた会見で、「感染者数と死者数は懸念すべきペースで増え続けている」と指摘。パプアニューギニアではるかに大きく流行する可能性を非常に心配しているとし、同国ができるだけ早くより多くの新型コロナワクチンを得ることが重要だと訴えた。

パプアニューギニアは現在、コロナ感染者数が9300人を超えており、82人が死亡したと報告している。テドロス氏は「これらの数字は他の国より少ないが、急激に増加している」と語った。

パプアニューギニアのウォン保健相は、マスク着用を推進したり、コロナに関する迷信を払拭する課題に直面していると述べ、これらがワクチン展開の試みを複雑にすると指摘した。

WHO当局は、オーストラリアと米国、ドイツから3つの緊急医療チームが今週、パプアニューギニアに到着したことを明らかにした。

WHOの葛西健・西太平洋地域事務局長はパプアニューギニアについて「現在の状況は極めて困難だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up