for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

デルタ変異株、ワクチン接種率低い地域でまん延=WHO

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の疫学者マリア・バン・ケルコフ氏は18日、新型コロナウイルス変異株「デルタ」がワクチン接種率の低い地域でまん延しており、世界中のコロナ感染を促進していると述べた。

オンライン会見で「国全体ではワクチン接種率が高くても、ワクチン接種率が低く公衆衛生上および社会的な措置が非常に限定的かつ一貫性のない状況下でデルタ株が実際にまん延しており、世界各地でデルタ株の感染が急増している」とした。

WHOの主任科学者ソミヤ・スワミナサン氏は、ワクチンがデルタ株感染によって重症化する患者数や死者数の増加を抑制しているのは明らかだと指摘。その上で、現時点のデータを見る限り、ワクチンの追加接種(ブースター接種)は必要ないとした。

WHOの上級顧問ブルース・エイルワード氏は、高所得国で実施されている追加接種に触れ、「世界中に十分なワクチンがあるが、適切な場所に適切な順序で行き渡っていない」と言及。世界中の最も脆弱な人々がワクチンを2回接種してから追加接種を実施すべきとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up