for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO、ワクチン製造業者にCOVAX供給前倒しを呼び掛け

[ジュネーブ/チューリヒ 17日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日、ワクチン製造業者に対し、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」への新型コロナウイルスワクチン供給を前倒しするよう呼び掛けた。

COVAXはインドのセラム・インスティチュートが生産する英アストラゼネカのワクチンに大きく依存しているが、インドで感染が急拡大する中、輸出分の多くが国内での使用に回されている。

テドロス事務局長はオンライン形式で開いた記者会見で「ワクチン供給を安定的に加速化させ、供給量も増やしてきたアストラゼネカに感謝している。他のワクチンメーカーも同様の対応をしてほしい」と述べた。

具体的には、米ファイザーに約4000万回分の供給を今年下半期に前倒しし、米モデルナに来年の供給確約分を年内に供給するよう求め、「直ちにワクチンが必要になっているため、できるだけ早期に供給を前倒しするよう呼び掛ける」と述べた。

テドロス氏は、ワクチン供給を巡り「アパルトヘイト」のような状態になっていると指摘。「共有されていないことが大きな問題になっている。より多くを共有することが解決策になる」と語った。

国連児童基金(ユニセフ)のヘンリエッタ・フォア事務局長もこの日、主要7カ国(G7)に対し、緊急対応としてCOVAXへの新型コロナワクチン寄付を呼び掛けた。

G7の中でではフランスがこれまでにアストラゼネカ製ワクチンをCOVAXに寄付。米国は現在、協議を進めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up