for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO「コロナワクチンの公平分配を」、初の感染報告から1年

中国が初の新型コロナウイルス感染例を世界保健機関(WHO)に報告してから31日で1年を迎える中、WHOのテドロス事務局長(写真)はコロナワクチンが富裕国ばかりでなく、全ての国に公平に分配されるべきと強調した。10月撮影(2020年 ロイター)

[ジュネーブ 30日 ロイター] - 中国が初の新型コロナウイルス感染例を世界保健機関(WHO)に報告してから31日で1年を迎える中、WHOのテドロス事務局長はコロナワクチンが富裕国ばかりでなく、全ての国に公平に分配されるべきと強調した。

WHOが主導する枠組みである「COVAXファシリティー」を通じて、低・中所得国にワクチンを分配するのに40億ドルの購入資金がかかるとした上で、「これはわれわれが来年取り組むべき課題だ」と述べた。

さらに「ワクチンが世界的大流行(パンデミック)の流れを変えてくれると大いに期待しているが、ワクチンを購入できる国だけでなく、世界中で危険にさらされている人々にこそ、確実に届けなくてはならない」と訴えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up