for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型コロナのパンデミック終焉が「視野」=WHO事務局長

[14日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は14日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を終わらせるために、世界はかつてないほど良好な状況にあると述べた。その上で、各国に対し新型コロナ対策を継続するよう求めた。

オンライン会見で「われわれはまだパンデミックの終焉には到達していないが、視野に入っている」とした。

WHOによると、先週の新型コロナ感染症による死者数は2020年3月以降で最低だったという。

サル痘の感染者数も減少傾向にあるが、テドロス氏は各国に対策を続けるよう要請。「新型コロナと同様、気を緩めたり、警戒を解いたりする時期ではない」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up