for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、WHO改革要求 新型コロナの情報提供巡り中国非難

ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部メンバー、ブレット・ギロイル医師は5日、中国が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する正確かつ完全でタイムリーな情報を提供しなかったことは容認できないと非難した。ジュネーブで5月撮影(2020年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[ジュネーブ 5日 ロイター] - ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部メンバー、ブレット・ギロイル医師は5日、中国が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する正確かつ完全でタイムリーな情報を提供しなかったことは容認できないと非難した。

また、世界保健機関(WHO)執行理事会に対し、米独仏やチリなどが提案したWHO改革を実施するよう要請。欧州連合(EU)やオーストラリアとともに、新型コロナの起源を検証するWHO主導の国際的な調査団を中国に派遣するよう求めた。

これに先立ち、WHOの緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は同調査団派遣の検討に向け、中国に専門家リストが提出されたと述べた。

一方、ロシア代表団はWHO執行理事会で、来年7月にWHOから脱退すると表明したトランプ政権に関する「法的・行政的・財政的手続きを分析する必要がある」とした。

米政府は9月2日、WHOに対する未払いの約8000万ドルの拠出金について、WHOに支払う代わりに米国の国連分担金に充てる計画だと明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up