March 25, 2020 / 4:40 PM / 8 days ago

世銀とIMF、最貧国の債務救済呼び掛け 新型コロナで

世界銀行と国際通貨基金(IMF)は25日、共同声明を発表し、最貧国が新型コロナウイルスの感染拡大による厳しい状況に耐えられるよう、債権国に対し直ちに債務救済措置を取るよう呼び掛けた。ワシントンのIMF本部で2018年9月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 25日 ロイター] - 世界銀行と国際通貨基金(IMF)は25日、共同声明を発表し、最貧国が新型コロナウイルスの感染拡大による厳しい状況に耐えられるよう、債権国に対し直ちに債務救済措置を取るよう呼び掛けた。

世銀とIMFは、最貧国向けの支援を手掛ける世銀グループの国際開発協会(IDA)から融資を受けている国から要請があった場合、債権国は直ちに融資の返済義務を停止するよう訴えた。

IDAの支援を受けている国は全世界の人口の約4分の1を抱えており、新型ウイルスの感染拡大で最も大きな打撃を受けると指摘。債務救済措置を取ることで「IDAから支援を受けている国は新型ウイルスの感染拡大に対応するための資金を直ちに確保できる」とした。

IDAの支援を受けているのは現在76カ国。このうち多くの国で1人当たりの国内総生産(GDP)が1175ドルを下回っている。

世銀とIMFはこのほか20カ国・地域(G20)対し、こうした動きを支持するよう呼び掛けた。G20首脳は26日にテレビ会議を行い、新型ウイルスの感染拡大への対応などについて協議する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below