for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギニア、今週末にエボラワクチン1万1000回分到着へ

 2月18日、ギニア保健当局と世界保健機関(WHO)は18日、今週末にエボラ出血熱用ワクチン1万1000回分以上が到着予定のほか追加も到着する運びで、22日にも接種が開始される可能性があると明らかにした。コンゴ民主共和国・ゴマで2019年8月撮影(2021年 ロイター/Baz Ratner)

[ダカール 18日 ロイター] - ギニア保健当局と世界保健機関(WHO)は18日、今週末にエボラ出血熱用ワクチン1万1000回分以上が到着予定のほか追加も到着する運びで、22日にも接種が開始される可能性があると明らかにした。

WHOのモエティ・アフリカ地域事務局長は記者会見で、1万1000回分はジュネーブで準備され、ほかに8600回分以上が米国から供給されると説明した。

ギニアは先週末、エボラ熱の流行を宣言した。

ギニアでは、3人の感染確認と4人の疑い例が報告されており、このうち5人が死亡している。発生地は、6人が南東部、1人は南東部から900キロ以上移動し、首都コナクリの病院で治療を受けている。

保健当局は、ギニアとコンゴ民主共和国の感染拡大を月内に阻止したい考え。両国の感染に関連はないという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up