July 3, 2015 / 3:12 AM / 4 years ago

リベリア、エボラ熱再発で動物が感染源か調査

 7月2日、エボラ出血熱の終息宣言が5月に出された西アフリカのリベリアで、新たな感染者が発生したことを受け、当局は動物が感染源となったかどうかを調べている。写真は同国のエボラ対策の隔離施設(2015年 ロイター/James Harding Giahyue )

[モンロビア 2日 ロイター] - エボラ出血熱の終息宣言が5月に出された西アフリカのリベリアで、新たな感染者が発生したことを受け、当局は動物が感染源となったかどうかを調べている。

同国のエボラ対策チームでリーダーを務める医師は、エボラ熱陽性が確認された3人が、一緒に犬の肉を食べた点を指摘。リベリアでは、犬の肉は一般的に食用とされている。

同国では、首都モンロビアから約50キロ離れたネドウェイン村で、17歳のエボラ熱患者が28日に死亡、同じ村に住む2人が陽性と確認された。付近の住民によると、この3人は死んだ犬を掘り起こし、その肉を食べたという。

犬がエボラウイルスを媒介するかどうかは不明だが、過去の事例では、サルの生肉を食べた人間が感染したことが分かっている。

多くの西アフリカ諸国では、予防措置として野生動物の肉を食用とすることを禁じている。

エボラ対策チームでは、国内の動物が感染しているかどうか調べるとともに、国内で数百頭の牛が死んだ件についても調査を行っているという。

リベリアは今回のエボラ出血熱の流行で4800人を超える死者を出したが、今年5月9日に流行終息が宣言されていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below