August 18, 2014 / 10:23 PM / 4 years ago

WHO、エボラ感染国に出国者全員の検査実施を要請

8月18日、世界保健機構は、エボラ出血熱の感染国に対し、国際空港や港、主要な国境検問所で、出国者すべての検査を実施するよう促した。ナイジェリア首都アブジャの空港で11日撮影(2014年 ロイター/Afolabi Sotunde)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 世界保健機構(WHO)は18日、エボラ出血熱の感染者が出ている国では、国際空港や港、主要な国境検問所で、出国者すべての検査を実施し、感染の疑いがある場合には出国させないよう、当該政府に促した。

WHOは声明で「国際空港・港、主要な国境検問所で、出国者全員を対象に検査を実施するよう感染国に要請した」とし、「感染の疑いがある場合は、適切な治療を目的とする退避でない限り、旅行を許可すべきではない」とした。

同時に、機内でエボラ熱に感染するリスクは低いとあらためて強調したほか、感染国への渡航や通商の制限を拡大する必要はないとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below