for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米のサル痘検査、週最大8万件可能=厚生長官

ベセラ米厚生長官は28日、世界的に感染が拡大しているサル痘について、米国内では週当たり6万─8万件の検査を実施することが可能という認識を示した。ニューヨーク市内の臨時検査施設で15日撮影(2022年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ワシントン 28日 ロイター] - ベセラ米厚生長官は28日、世界的に感染が拡大しているサル痘について、米国内では週当たり6万─8万件の検査を実施することが可能という認識を示した。

感染が始まった当初の週6000件程度から拡大される見通し。

米疾病対策センター(CDC)は27日、米国内で3500件以上の感染例が報告されたとし、8月1日からサル痘を全国的な届出疾患に指定する方針を示した。

世界保健機関(WHO)によると、27日までに世界78カ国で1万8000人超のサル痘の感染者が確認され、大半は欧州で報告されているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up