for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米で初のサル痘小児例、家庭内感染か

米疾病対策センター(CDC)は22日、国内でウイルス感染症「サル痘」の子どもの感染事例が初めて確認されたと発表した。写真は7月15日、ニューヨーク州で撮影(2022年 ロイター/Eduardo Munoz)

[22日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は22日、国内でウイルス感染症「サル痘」の子どもの感染事例が初めて確認されたと発表した。患者は2人だが、双方に関連はなく、いずれも家庭内感染の可能性が高いという。

2人はカリフォルニア州の幼児と米国居住者でない乳児。いずれも経過は良好で治療を受けているという。

CDCの担当者は電話会見で、サル痘の小児例は驚くことではないと説明。ゲイやバイセクシャルなど、男性と性交渉を持つ男性のコミュニティー以外で「このウイルスが広がっているという証拠は今のところない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up