for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サル痘、市中感染発生の可能性も 公衆衛生リスク依然低い=CDC

6月3日、米疾病対策センター(CDC)は通常は検出されない国で感染が報告されているサル痘について、市中感染が起こる公算は大きいものの、全般的な公衆衛生上のリスクは引き続き低いとし、感染が疑われる場合は検査を実施するよう医療従事者に呼びかけた。写真は2014年9月、米ジョージア州アトランタのCDC(2022年 ロイター/Tami Chappell)

[シカゴ 3日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は3日、通常は検出されない国で感染が報告されているサル痘について、市中感染が起こる公算は大きいものの、全般的な公衆衛生上のリスクは引き続き低いとし、感染が疑われる場合は検査を実施するよう医療従事者に呼びかけた。

CDCによると、米国内ではこれまでに少なくとも11州で21症例、世界では約700症例が確認されているものの、死者は報告されていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up