for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今年も米でサル痘感染確認、マサチューセッツ州で1人

 5月19日、米マサチューセッツ州公衆衛生局は、1人の男性のサル痘感染を確認したと発表した。写真は天然痘に感染したサルの皮膚の拡大写真。CDC提供(2022年 ロイター)

[18日 ロイター] - 米マサチューセッツ州公衆衛生局は18日、1人の男性のサル痘感染を確認したと発表した。カナダに最近行っていたという。米疾病対策センター(CDC)も同日、サル痘ウイルスであることを確認したと発表した。

州公衆衛生局によると、CDCや地元の関係部署と連絡を取り、感染経路を追跡している。男性は入院して状態は良好だとし、「公衆へのリスクがあるケースではない」とした。

カナダの公衆衛生当局も同日に声明を出し、欧州でサル痘が報告されていることは認識しているとした上で、現在の状況を注視するとした。

サル痘は1970年代にコンゴ(旧ザイール)で最初に報告され、主に西アフリカと中央アフリカで発生。天然痘に似ているが、より軽いとされる。発熱や頭痛や顔から始まる発疹などの症状が出る。

マサチューセッツ州公衆衛生局によると、サル痘ウイルスは人と人の間で感染することはまれだが、衣服などについた体液などを通じ感染する可能性はある。米国では昨年、テキサス州とメリーランド州で1人ずつ報告され、いずれも直近にナイジェリアに渡航していた。

*写真が記事に直接関係のない内容だったため、差し替えました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up