April 27, 2020 / 4:06 AM / a month ago

ベルギー、5月4日から段階的に封鎖解除へ

 4月24日、ベルギーは5月4日から新型コロナウイルス感染拡大抑制のための規制を徐々に緩和していく方針を明らかにした。写真はベルギーの首都ブリュッセルにある欧州連合(EU)本部。23日撮影(2020年 ロイター/ Johanna Geron)

[ブリュッセル 24日 ロイター] - ベルギーは5月4日から、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための規制を徐々に緩和していく方針を明らかにした。

ベルギーは感染の被害が最も深刻な国の一つで、現在は食品店、ホームセンター・園芸店と薬局の営業のみが許可され、大半の人が在宅勤務のみ許可されている。

ウィルメス暫定首相は24日、会議の後の記者会見で、感染状況に応じて規制は強化の可能性も緩和の可能性もあると説明。「未来を見る時がきた。しかしウイルスが消えたわけではなく、まだ存在し国民にとて危険なものだ。段階的に緩和する間も安全措置の尊重は絶対に必要だ」と述べた。

首相は、封鎖を解除するには1日に2万5000─3万人を検査する必要があるとし、新設された2000人規模のチームが感染者の接触歴を追跡するとした。

5月4日以降は、営業が再開できる企業が拡大されるほか、屋外で一定距離を置くことを条件に、同居しない2人が会うことができるようになる。12歳以上の子どもと成人は公共交通機関でのマスク着用が義務付けられる。これに伴い布地や裁縫用品の販売店が再開される。

1週間後には、厳格な社会的距離(ソーシャルディスタンス)を遵守したうえで全店舗の再開が許可される。

5月18日からは1クラス10人以内の規模で学校が再開され、家庭での小規模な集まり、博物館来館、美容室の利用が可能になる。

しかし、カフェやレストラン、一部観光施設の再開と、海外または泊りがけの旅行が可能になるのは、6月8日以降という。

これまでに同国で確認された感染者は4万4293人、死者は6679人。ただ、死者数の半分以上が介護施設での死亡で、このうち96%は疑い例となっている。大半の国は、こうした例を死者数に含めていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below