for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダ国境、デモ隊と警察の膠着続く 通行再開のめど立たず

 カナダで新型コロナウイルスワクチン接種義務などに抗議するトラック運転手らが米国との国境の橋を封鎖し、主要な物流ルートが遮断されている問題で、デモ隊と警察の間では12日も膠着状態が続いた。加オンタリオ州ウィンザーで撮影(2022年 ロイター/Carlos Osorio)

[ウィンザー(加オンタリオ州) 12日 ロイター] - カナダで新型コロナウイルスワクチン接種義務などに抗議するトラック運転手らが米国との国境の橋を封鎖し、主要な物流ルートが遮断されている問題で、デモ隊と警察の間では12日も膠着状態が続いた。

封鎖されているのは加オンタリオ州ウィンザーと米デトロイトを結ぶアンバサダー橋。陸路の国境では北米で最も交通量が多く、デトロイトの自動車メーカーにとって重要な供給ルートとなっている。

オンタリオ州の裁判所は11日、デモ参加者に封鎖を解除するよう命じ、トルドー首相はバイデン米大統領に事態打開へ迅速な行動を約束したが、通行再開のめどは立っていない。

ウィンザー警察は12日夜、デモに関連して27歳の男を逮捕した。橋の封鎖でデモ参加者が逮捕されるのは初めて。警察はアンバサダー橋のたもとからデモ隊を押し返すことに成功したものの、さらに多くの人が付近に流れ込んでおり、事態は膠着状態のもようだ。

トルドー首相は12日、上級顧問らとの会議で、国境封鎖を続けることはできないとし、あらゆる選択肢を検討する可能性が残されていると強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up