for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国大型連休、初日の鉄道利用者は前年比減 コロナ以降では最多

[北京 1日 ロイター] - 中国の国慶節(建国記念日)を祝う大型連休の初日となる1日の鉄道利用者数は推計1300万人だった。国営メディアが伝えた。

1日の利用者数としては新型コロナウイルス感染拡大以降で最多となったが、昨年の連休初日の1700万人には届かなかった。

新華社によると、9月28─10月8日の1日当たり鉄道利用者の平均は982万人、連休8日間の利用者は延べ1億0800万人に達すると見込まれている。

航空当局の推計によると、連休中の航空便予約件数は1万4941件で、昨年とほぼ同水準。ただ、国内便の予約は10.5%増えた。今年は新型コロナウイルスの影響で、海外旅行をする人は少ないとみられる。

政府の研究機関である中国観光アカデミーは、連休中の国内旅行者の数は今年は5億5000万人と、昨年の68%にとどまると予想している。中国国営テレビの中国中央電視台(CCTV)が伝えた。

新華社によると、大手旅行予約サイトの携程旅行網(トリップドットコム)は、延べ6億人が国内旅行に出かけると予想。これは前年の約77%の水準。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up