for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EUが渡航解禁の「安全な」14カ国公表、日本など 米は含まれず

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)諸国は30日、7月1日から渡航を解禁する域外14カ国の「安全リスト」を公表した。日本が含まれる一方、焦点となっていた米国は外れた。

観光や出張目的での渡航制限が解除されるのは日本のほか、アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイ。

中国については、EUからの渡航が認められれば、受け入れ対象国となる。

米国のほか、ロシア、ブラジル、トルコは、新型コロナウイルス制御を巡る状況がEUと同等の水準に至っていないとして渡航解禁は見送られた。

域外からの渡航解禁は、新型コロナ流行で打撃を被った域内の旅行・観光業界支援が目的。安全リストはEU加盟国への提言となるため、各国がこれら14カ国からの渡航者に独自の制限を設けることは可能。同リストは2週間ごとに見直される。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up