June 10, 2020 / 2:55 PM / a month ago

フォードの米工場、7月までにコロナ危機前の状態に復帰=COO

[デトロイト 10日 ロイター] - 米フォード・モーターのジム・ファーレイ最高執行責任者(COO)は10日、自動車業界のオンライン会議で、米国内の全工場を7月6日までに新型コロナウイルスの感染拡大を受けた操業停止前の状態に復帰させると述べた。

フォードなどデトロイトを拠点とする自動車メーカーは5月18日に米国内の生産を再開。ファーレイCOOは、フォードが再開後3週間で生産した自動車台数は計画の約96%に達したと語った。

ファーレイCOOによると、フォードの5月の小売販売は4月から44%増加。「Fシリーズ」ピックアップトラックの小売販売は昨年から5.3%増加し、市場シェアは2.4%ポイント拡大したという。

利益率の高い「F─150」の新モデルや新型電動SUV(スポーツ用多目的車)「マスタング・マッハE」などの発売は間近に迫っているものの、発売時期は新型コロナによる操業停止の影響を多少受けるとした。

また今後2年以内にF─150と商用バン「トランジット」の電気自動車(EV)モデルを導入すると明かした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below